忍者ブログ
ADMINWRITE
このページが貴方にとって少しでも人生のスパイスとなれれば幸い…… ……でしたが、色々と愚痴が多くなりそうなのでかえって毒になる可能性がありそうです('A`)
[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※3/22追記
恒例の、店側視点での好印象でない客をフィクション形式にて書いてみました。
色々と極端な部分があったり、客の性格がやたらDQNだったりしますので、
その点ご了承ください。
今回のテーマは「大量に処分をお願いする人」




やぁ、俺は最近読書にハマッている最近の若者さ!!
マンガは勿論、小説や単行本、果ては辞書まで読破してしまうほど、読書が好きなんだ。
んー、しかし困ったなぁ・・・色々と本を読んだはいいけど・・・
部屋中に本が溢れかえってるんだぜ!
んー、じゃあ、一度読んだし、古本屋さんに売っちゃうか!
たくさんあるからダンボールに積めて持っていこうぜ!
8箱ほどになったけど、いいよね!


――古本屋さんにて

「すみませーん、買取お願いしますー」
「はい、お預かりしまーす」
「あ、まだあるんですよー、持ってきていいですか?」
「えっと、どの程度ありますか?」
「ダンボール箱8つ分くらいっすね(笑)」

おや、店員が嫌な顔したぞ。
生意気な奴め、こっちは客だから偉いんだぜ!

半ば強引に店に押し付けて、俺は数時間ブラブラするかぁ。


――数時間後

「買取終わりましたかー?」
「お待たせしました、査定が終わりました。」
「いくらになりました?」
「えー、当店での査定額は500円になります。また、ダンボール箱5箱分ほどお返し
となります。申し訳ありません。」
はぁぁぁ!?(゚Д゚#)」
「本の痛みが大きい商品などが多数ございましたので・・・そういったものはお値段を
お付けすることができませんでした。」
「こんだけ待ったのに・・・はぁ、じゃあいいよ、それじゃあ。」
「申し訳ありません・・・。ではこちらにご記入を・・・」


――支払い完了後

「お客様、こちらのお値段がつかなかったご本なのですが・・・」
「あぁ、そっちで処分しといて」
「いえ、こちらも本の処分は業者の方にお金を支払って行っております。
ダンボール箱5箱ほど当店で預かるスペースがありませんのでどうかご了承いただき
お持ち帰りしていただきたいのですが・・・。」
「ふざけんなよ!こっちはこんだけ待たされてんだよ!それはそっちで処分しろ!
客がこう言ってんだから店側はそれに従うのが普通だろ?それじゃ。」
「お客様、困ります・・・!」


ったくよー、こっちをなんだと思ってんだよ。
客のほうが偉いに決まってんじゃん。
あー、ムカムカするわぁー。
もうあそこの店には行かないでおこう。
友達にもそういう噂立てておくか(笑)

――――







めっちゃありそうな場面ですよね!!
最近はマジにこういうことを平気でする人が増えているような気ががが。
今回のは極端な例を挙げてこういう場面を書いてみましたが、
それが現実で起こりかねないほどのリアルさだから困る('A`)

上記の、店側は業者にお金を支払って本を処分するのは、今の職場を
基準にした発言ですので、もしかしたらお店によって違うかもしれません。
でも、業者にお金を支払って本を処分するお店も実際にあるのです。
基本的にはお店側が十分なスペースをもってお客様がご不要とする
古本の処分を受け付けるのが当然ですが、それもきっと量によると思います。
今回のようにダンボール5箱分も処分をお願いしたいといわれても、こちらは
ゴミ業者じゃねーよ!って言いたくなります('A`)
少量ならなんとかなりますが、客の中にはどんなものも処分できて当たり前
と感じている人がいるのがなんとも・・・

個人的なわがままをいえば、まとめて持ってこられるよりもこまめに売りに
来てもらったほうが査定時間もかからないし、楽ですね(´・ω・`)
とはいえ、お客様優先のサービス業。
きっとバイトの立場だからまだこんな愚痴を言えるわけです。



さて、明日も仕事だ・・・世間は既に春休みモードだからきっと明日も
忙しいんだろうなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
この忙しさの割に時給が安いのはやっぱりつらいorz
というわけで明日も頑張ってきます(´・ω・`)ノシ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私が利用する古本屋では、値段がつかないものでも一応引き取ってもらえました(10冊程度ですけどね
もし引き取った本に値札つけて売ってたとしたら、商魂たくましいと言わざるを得ない!
通りすがり 2008/03/22(Sat)13:01:45 編集
こんにちはー
>通りすがりさん
書き込みありがとうございます。

最後の文、確かに引き取ったものに値札つけて売るお店もありそうですねぇ(´Д`;)
通りすがりさんのように10冊~多くて50冊程度を処分してもらうくらいなら基本的に大丈夫だと思いますよ。

アルバイトの身の癖にこういうのもアレですが、お店側もお客様が処分をお願いしたいもの(1冊でも500冊でも)をいつでも引き取れるように十分なスペースを確保しておく努力が必要なのですけどね……。・゚・(ノ∀`)・゚・。
クラリネッタ 2008/03/22(Sat)20:42:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過酷人生ゲーム
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新コメント
[05/10 某F]
[10/15 田中]
[09/30 クラリネッタ]
[09/29 田中]
[09/27 クラリネッタ]
プロフィール
HN:
クラリネッタ
性別:
男性
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
何気に便利。 このブログ内でのキーワード検索ができます。
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 黄金の草原という名のチラ裏 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]