忍者ブログ
ADMINWRITE
このページが貴方にとって少しでも人生のスパイスとなれれば幸い…… ……でしたが、色々と愚痴が多くなりそうなのでかえって毒になる可能性がありそうです('A`)
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今更ですが、以前の日本列島に見えるのって、あれよくみたら、日本というよりじゃね?(´・ω・`)
え、見えない、じゃあ・・・まぁまぁ、とりあえず本題へ(マテ




今日のお客様は、年配の方でしたが、お元気で・・・


ってこんな堅苦しい言い方で愚痴れるかッ!!
これからは色々な意味で敬称略。


今日は元気なお婆ちゃんが読み終えた文庫本を持ってきたので、査定。
査定が終わったので、金額をお伝えすると、しかしお婆ちゃんは不服な様子。

まぁ、査定額なんて本当に微々たるものなので、定価の半額くらいで買い取ってくれるんじゃないかなーなどと淡い期待を持っていると、簡単に裏切られますっ
店にもよりますが、ぶっちゃけ高くて定価の30%前後と思ったほうがいいです。

お婆ちゃんに、
「これ、昨日おたくで買った本なんだけど、もっと高くならんとね!?半額で買い取るとか!」
と聞かれました。

店側としては、そもそもそういうシステムだと儲からないw
なので、売値と買取査定額は異なることを説明。
そこでも噛み付いてくるお婆ちゃん。
「本当せこかねー!これ、昨日おたくで買った本なのに、どうしてこんな安いんかしら・・・」
買取価格で不満を感じるお客様は多いし、自分でもわかるのですが、ここは決まりなので納得してもらうことに。

続いて、その金額に同意しますという意味も兼ねたいろいろな記入をしてもらう部分を書いてもらい、
「では、ご身分証のご提示をお願いします。」
というと、お婆ちゃんが 睨 む !

「恥ずかしかわ!そんなん見せん!」
「しかしこれは警察から義務つけられていることでして、これに同意していただかないと買い取れないのです」
「んなら止めとく。こんなケチぃ金額しかつけられんのなら人にあげたほうがスッとするわ。本当せこか!」
査定した本を奪い取り、持ってきた袋につめるお婆ちゃん。
仕方ないので、買取はキャンセルとなりました。


こういうこと、結構ザラですけどね。(´・ω・`)
店側としては、定められた金額で買い取る、定められた方法でお客様に同意していただくことしかできないので、
金額がセコイ!とか言われても、「じゃあ少し上乗せしますね!」なんてことできません!
本などをこれから売ろうと思う方、金額が不服なら、キャンセルするのが吉です。

本日は、買取でよくある場面を愚痴ってみました。(´・ω・`)お目汚し申し訳ない
@、なんとなくでわかると思いますが「この方言ってどういう意味?」というのがありましたら、コメント欄にメッセージをお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過酷人生ゲーム
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[05/10 某F]
[10/15 田中]
[09/30 クラリネッタ]
[09/29 田中]
[09/27 クラリネッタ]
プロフィール
HN:
クラリネッタ
性別:
男性
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
何気に便利。 このブログ内でのキーワード検索ができます。
アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 黄金の草原という名のチラ裏 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]